【超お得】無料登録で3,000円GET?

【未経験OK】現役WEBマーケターが解説!WEBマーケター転職までの完全ロードマップ

こんにちは。

2020年に未経験→WEBマーケティング担当に転身した、

現役のWEBマーケターまみむー(@mmm_emocareer)です!

私は現在の会社で未経験からマーケの担当に任命され、独学で学んだり・WEBマーケターのスクールに通い、1人前のWEBマーケターになりました。

しかしながら当時はネット上で、なかなかいい記事が存在せず…

とにかく模索する毎日でした。

そんな遠回りをしたきた現役WEBマーケターの私が、未経験からWEBマーケティングの知識を蓄え、就職・転職する方法を余すことなくお伝えします。

まみむー

あまりにも無駄な時間を割いてしまったから、この記事を読んでくださる方には効率的にWEBマーケターになってもらいたい…!

とても詳しく記載しておりますので、時間がある時に読んでください!(必見)

【結論】

WEBマーケターになるためには、
以下の3つのうち、どれか1つを行ってください。

  • 【初級】未経験でも可能なWEBマーケター求人に応募
  • 【中級】WEBマーケティングスクールに通う
  • 【上級】独学で勉強して、WEBマーケの実績を作る

そもそもWEBマーケターって?

あなたの知っている会社にもWEBマーケターの担当者は必ずいます。

以前まではモノを売る=対面営業の時代でしたが、現代はそれをWEB上で行い、より多くの人にリーチさせるWEBマーケティングの需要が大きくなっています。

結論からいうと、WEBマーケティングの担当者は「会社の売り上げをWEBの力で伸ばす」ということが目的です。

そのためにWEBマーケティングの担当者は以下のような施策を用いて、会社の利益を最大化しようと頑張ります。

  • SEO対策
  • データ分析・アクセス解析
  • WEB広告運用(リスティング・FB・リタゲ等)
  • コンテンツマーケ
  • SNS広告

WEBマーケターへの転向をおすすめする理由

では現役WEBマーケターの私がなぜ、WEBマーケターへの転職をおすすめするのでしょうか?

理由は下記の5つになります。

【理由1】希少性が高く、重宝される人材になれる

WEBマーケは比較的新しい職業という風に言われております。

これはすなわち、希少性が高いということです。

要するにWEBマーケの知識を保有している人材が多くないので、相対的に重宝されます。
またそれは自分が勤める会社のみならず、転職時にも有利にはたらいてきます。

【理由2】平均年収より高い

身の回りにWEBマーケターとして働いている方が多くない場合はあまり想像つかないと思うのですが、WEBマーケターは平均年収が高いという事実があります。

2021年最新のマーケティング職の平均年収ですが、496万円という調査が出ております。

月給で換算すると41万円

国税庁が発表している日本の平均年収は436万円なので、60万円ほど高い計算になります。

参考:求人ボックス(マーケティング平均年収)
参考:国税庁(日本の平均年収)

【理由3】副業・独立しやすい

WEBマーケティングのスキルは幅が広く、また各企業が売り上げを伸ばすために、優秀な人材をスポットで募集をかけることがよくあります。

また企業に属して働くだけではなく、WEBメディアの運営やLP改善等、副業や独立などが比較的容易な職業です。

ちなみにWEBマーケティング歴約2年の私でさえ、企業のお手伝い等で副業収入を得た経験があります。それほど需要が大きい職業であると言えるでしょう。

【理由4】WEBマーケティングの市場が伸びている

この点は意外と重要です。結論WEBマーケティングの業界は伸びており、今後も加速度的に伸びていくと言われています。

矢野経済研究所が調べた調査によると、2018年に1.6兆円だったインターネット広告の国内市場規模が、2023年には2.8兆円までのぼるのではと予測されています。

個人的には大学や専門学校等で、WEBマーケ・インターネット広告系の学部が出てきてもおかしくないと睨んでおります。

参考:矢野経済研究所

【理由5】なんといっても刺激的でやりがいがある!

ここまで理由をさまざまお伝えしましたが、結局この点に帰着すると思います。

WEBマーケティングの業界は変化が激しく、日々学習の毎日です。
なので「集客・分析・改善」に関して興味が持てなければ、はっきりいって続けていくことは難しいでしょう。

ただし逆に言うと、↑に対して興味をもてれば、これ以上天職な仕事はありません。

私もこれまでおこなってきた仕事(コールセンター・人材営業)ももちろん楽しかったです。

そんな中でも、戦略→施策を実施し、その結果が全て数値で見える実力主義なWEBマーケティングという職業は私にぴったりでした。

未経験からWEBマーケターになる方法3つの方法


ということで、ここまでの話を踏まえて、私の経験から未経験→WEBマーケターになるための方法3選についてお伝えします。

自分で言うのもなんですが、私が未経験の時にこの記事があったらいいな…と思えるクオリティで作っていますので、ぜひ細部までご確認ください。

3つの方法には初級〜上級と設定させていただきました。

それぞれが実行難易度を指し示すものになります。

まみむー

どれも具体的に書いています!自分にあったWEBマーケターへのステップを模索していきましょう!

【初級】未経験でも可能なWEBマーケター求人に応募

まずは1点目は未経験でもOKな求人に応募することです。

応募することそのものは、ボタンをぽちぽちしていくだけですので、難しいことではありません。

参考までにリクルートエージェントで「WEBマーケティング 未経験」と調べると、103件もの求人が出てきました。

この中で自分が興味を持てる求人に応募するというのは1つありかと思います。

しかしながら、私はこの方法で面接に落ちまくりました

というのも、何も考えずにぽちぽち応募ボタンをクリックしていたからです。

まみむー

完全に脳死で転職活動していました…笑

なので、私のようにならないためにも、
求人に応募する際には下記の方法で行ってみましょう。

(1)自分がなぜWEBマーケターになりたいのかを複数個書き出してみる
→ぼんやりでOK!まずはなんとなくでもいいので書き出すことが大事。

(2)転職エージェントに登録!
カウンセラーに無料相談し自分の気持ちを言語化してもらう

→自分がWEBマーケターになりたいことを伝える。求人を紹介してもらいながら、面接の対策を行う

(3)実際に気になる求人に応募!
→自分が受ける企業の調査を行い、面接で自分の思い・熱量を伝える。

ちなみに私もWEBマーケターになるにあたり、転職エージェントを利用しました。

WEBマーケティング 未経験」で求人を掲載しているエージェントは以下の5つのエージェントです。

1位リクルートエージェント(総合型)
2位プロの転職(広告・WEBマ特化型)
3位マイナビAGENT(20代に信頼高い)
4位パソナキャリア(総合型)
5位マイナビジョブ20’s(20代特化型)

ちなみに私が調べた中で「未経験 WEBマーケティング」の求人が多い順に記載しております。

(多い順とはいえ、どの企業も「未経験 WEBマーケティング」の求人は少ないです。意外な数字ではありますが、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを利用しているという統計全て登録しておくのがおすすめです)

まみむー

エージェントの詳細については下記の記事に記載しておりますので、ご覧ください!

【5つの必見サイト】未経験でもOK!「WEBマーケティング求人」がある転職エージェント

【中級】WEBマーケティングスクールに通う

次の選択肢はWEBマーケティングのスクールに通うことです。

お金はかかりますが、最短でWEBマーケターになるためには、スクールに通うのがベストです。

【初級】未経験でのWEBマーケターへの応募について説明しましたが、正直再現性は低いと言わざるをえません。

まみむー

ちなみにまみむーは、片っ端から求人を出して落ちまくりました。
そこで潔くWEBマーケティングスクールに1-2ヶ月通いました
その後、専任のWEBマーケターになったという流れです。

WEBマーケティングスクールで勉強をするメリットとしては様々な理由がありますが、1番の理由は無駄なく、最短距離で学習できることです。

これは独学→WEBマーケティングスクールに通った私だからこそ、よく感じるんだと思います。

独学でWEBマーケティングについて学んでいた時は、いま自分が学習しているスキルや考え方がどのくらい重要なのかがイマイチわかりませんでした。

全部覚えようとすると膨大、ささっと学ぼうとすると頭に入ってこない

そんなジレンマがありました。

しかしスクールに通うと、↑の点が改善されます。

重要な点のみを掻い摘んで教えてくれるので、最短距離でWEBマーケターになることができます。

ちなみにおすすめのWEBマーケティングスクールは以下の3つです。

  1. TechAcademy
  2. 209,000円&8週間でWEBマーケターに!
    分割払いを使えば、月6000円台での受講も可能。

  3. Wannabeアカデミー
  4. →実務特化型!WEBマーケティングの資格も同時に取れる!

  5. SHElikes
  6. 女性向けのWEBマーケタースクール!
    コミュニティが整っており、一緒に学ぶ仲間が揃っている!

【上級】独学で勉強して、WEBマーケの実績を作る

1番難しい方法になりますが、上級編として紹介させていただきます。

それは、自分で独学&コンテンツを作ってWEBマーケの実績を作ることです。

具体的にいうと、下記のような内容となります。

・自分の趣味に関するブログを作成(コンテンツマーケティング
・有益な情報を発信するSNSアカウントの作成(SNSマーケティング

もちろんこの方法は自分の発信力をつけていく上でやっていったほうがいいのですが、WEBマーケターへの転職を目的とする場合する場合おすすめできません

というのも、独学で実績を作ろうと思った場合、少なくとも6ヶ月〜1年ほどの時間がかかってしまうからです。

であれば、未経験可な求人に応募をしたり、WEBマーケティングスクールに通ったりするなどしたほうが、WEBマーケターデビューはかなり早まるでしょう。

まみむー

なしではないけど、【初級】or【中級】が最もベストな選択肢かな!

自分にどんな職業があっているかわからない方へ

ここまで記事を読んでみて、

んー・・・自分にWEBマーケターが向いているかわからない

と悩まれている方もいるのではないでしょうか??

そんな方向けにおすすめな無料アプリがあります。

それはVIEWです。

VIEWはAIを用いたキャリア診断アプリで、自分にどんな職業が向いているのかをたった3分で診断してくれます。

実際にこれは私も利用してみたのですが、どんぴしゃでした。

詳細は下記記事から確認できるので、自分のキャリアが明確になっていない方はぜひVIEWをダウンロードしてみましょう。

【体験談】AIが3分で適職(キャリア)を判断する「VIEW」を実際に使ってみた!口コミや評判も大調査!

まみむー

まみむーはAIをちょっと舐めすぎてました…

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は「未経験からWEBマーケターになるまでの完全ロードマップ」を説明しました。

改めて今回の中身を振り返ると、

  • 【初級】未経験でも可能なWEBマーケター求人に応募
  • 【中級】WEBマーケティングスクールに通う
  • 【上級】独学で勉強して、WEBマーケの実績を作る
のいずれかを行うことでWEBマーケターになれるよといった内容でした。

自分に合うものはどれなのか等、実際にもう少し噛み砕きたい方は、私(@mmm_emocareer)までDMでご相談いただければ、ご一緒に考えますので、ぜひご連絡ください!

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です